海外就職をする際に気になるのが日本という国に納めているお金について。例えば、年金や健康保険に関してです。日本の企業で働いていた時には給与から勝手に天引きしてもらえていたものなのであまり気にしたことがないという人もいるかもしれませんが、海外で働くとなると少し見直しておく必要がありそうですね。

海外派遣されている駐在員の場合

駐在員の場合は基本的に日本にいた頃と同様に考えて構いません。年金も健康保険も今まで通り天引きされて日本にいる家族が治療を受ける際も今まで同様の自己負担額で治療を受けることができます。駐在員の場合は五日日本に帰ることが決まっているので日本の年金や保険なども特に変わらず支払い続けるというスタンスになると考えておきましょう。

現地採用の場合

海外において直接雇用される場合は、その国のルールに従わなければなりません。外資系か日系企業化によっても対応は違いますが、駐在員と違って現地採用の場合は日本に戻ることになるのかどうかもわからないためあまり考慮されないことがほとんどのようです。住民票を抜いた時に国民年金の支払いは任意になりますが、支払い続けるかどうかは将来日本に戻るつもりかどうかで判断しましょう。日本に戻って老後を送るつもりであれば、国民年金は支払い続けたほうが良いです。もちろん国民年金だけで老後生活していくことは現実的に難しいので個人年金なども考えておいたほうが良いでしょう。そのまま海外で老後も過ごすのであれば支払い続ける必要はありません。健康保険についても住民票を日本に残しておくのであれば、加入しておくこともできますが日本で病院に行くことは少なくなるでしょうから、海外で働く場合は別で医療保険などに加入しておいた方が良さそうです。

関連する記事