なんとなく海外で仕事をしたいと考えている人は少なくありませんが、具体的に「こんな仕事をしたい」と思って就職活動をしている人は実は多くありません。実際海外就職した人の中には、日本で経験したことがない全く未経験の仕事に就いている人も大勢います。具体的にどんな仕事に就くことができるのでしょうか。

海外で日本語を使って働く場合

英語が得意でないという人でも海外就職は可能です。日本人を相手に日本語で仕事をすればよいのです。例えば、観光地の日本人向けのガイドとして働く、日本食レストランで働くなど観光地をメインに探せば、仕事は意外と見つかります。アメリカであればハワイで仕事を探しましょう。日本人を積極的に採用している企業はたくさんあるはずです。もちろん英語が話せるに越したことはありませんが、日本人はよく気が付き、様々な面できめ細やかなサービスができると外国でも考えられています。日本人であることだけでも大きな武器なのです。

海外で英語もしくは現地の言葉を使って働く場合

せっかく外国で働くのだからもっと現地の人々と交流しながら仕事がしたいという場合は、最低限でも英語は日常会話程度を話せるようにしておかなければなりません。シンガポールなどの世界から多くのビジネスマンが集まるような大きな都市の場合は英語での仕事が基本です。英語を話すことができれば仕事の幅はかなり広がると考えましょう。しかし、タイなどのアジアの発展途上国で仕事をする場合は英語だけでは不十分。現地の人々とスムーズにコミュニケーションをとるなら現地の言葉を学ぶ必要があります。それができれば、日本と取引の多い現地の企業などで現地採用の可能性があるでしょう。

関連する記事